今昔の歴史と文化 暮らしが織りなす、国内随一の近世港町「鞆の浦」

Language

鞆の魅力が溢れる!フォトコン一般部門・受賞作決定♪

2020.11.27

この秋開催した『鞆の魅力「再発見」フォトコンテスト2020』の受賞作品が決定しました!一般部門、SNS部門共にたくさんの方に応募いただき、ありがとうございました。様々な角度から見た魅力…難しい選考でしたが、いろんな魅力を知ることができました。受賞した一般部門,SNS部門の作品をご紹介します。まずは一般部門から。

最優秀作品

「静かで穏やかな時」
陶山 一美 様

<撮影者様コメント>
夕暮れ時。
鞆の浦の港。
幾つかの漁船が凪に揺られているなか、
一羽のサギが遠くを見ているのか留まっていました。
空にはとんびの声が舞っていました。
静かで穏やかな時が、もうじき暮れようとしている…
その、僅かな幸せな時を、感じながら撮りました。

<内藤審査員長講評>
鞆の浦の夕暮れのたおやかな雰囲気が感じられ、見ていると優しい気持ちになります。船の上で佇むサギが夜になる前の静かな港の様子を引き立て、歴史と日常があいまって、鞆の魅力がゆっくりと自然に満ちてくる写真だと思いました。

優秀作品

「太陽の子」
舩本 雄 様

<撮影者様コメント>
鞆の浦の自然、澄んだ空気、燦々と輝く太陽の下で生きていることに歓喜しながら撮影しました。

<内藤審査員長講評>
手付かずの状態で残っている自然海浜のおおらかな様子と、人物の爽やかな感じが伝わってきます。逆光をうまく露出補正して、タイトルにふさわしい、眩しさと喜びが画面いっぱいにあふれている写真です。

優秀作品

「火の粉舞うお手火神事」
最相 政実 様

<撮影者様コメント>
大松明を担ぐ人の正面からバケツの水と大松明の熱さに
フラフラになりながら撮ることができました。

<内藤審査委員長講評>
舞い上がった火の粉が見ているこちらにも飛び散ってきそうな、迫力満点な写真です。画面中央の重いお手火を背負った氏子衆の表情もかっこよくて勇ましく、お祭りの躍動感が伝わって来ます。

優秀作品 

「弁天島花火大会」
藤井 洋一 様

<撮影者様のコメント>
グリーンラインの斜め上から狙い、屋台などの賑わってる通りを入れて撮影しました。弁天様が花火や煙で潰れてない写真を選びました。

<内藤審査委員長講評>
漆黒の夜空に映える花火が水面を美しく染めています。5月の春の終わりと夏の始まりの間の儚い時間と、弁天島から打ち上げられる花火の一瞬の光景がうまく重なり合って、幻想的な鞆の浦の様子が感じられる素敵な一枚です。

優秀作品

「時を超えて」
田中 利和  様

<撮影者様コメント>
幼い頃に見た記憶のある鞆の光景、それをふと思い出すような昔ながらの町並みの美しさ、懐かしさをモノクロで切り取りってみました。

<内藤審査委員長講評>
大正時代の洋館と鞆の街並みをモノクロで表現した、懐かしさと少しの切なさが伝わってくる写真です。主がいなくなっても、館の物語はこれからも歴史と共に続いていくと思います。