今昔の歴史と文化 暮らしが織りなす、国内随一の近世港町「鞆の浦」

Language

寄附していただいた皆様へ

お気持ちに感謝し、下記を行なっております。
(ふるさと納税制度上の返礼品には該当しません。)

寄附したことを証明する
「鞆 町方衆之証」の発行

  • 寄附していただいた方全員に寄附したことを証明する「鞆 町方衆之証」を発行。
  • 1万円以上寄附していただいた方へは,「鞆 町方衆之証」に加え,ステンレス製のカードを交付

芳名板の設置

  • 福山市鞆の浦歴史民俗資料館に、「鞆町方衆之証」の番号を入力するとタブレットにお名前が表示され、昭和初期の鞆の景色のパネルを背景に記念撮影できる「デジタル芳名板」を設置しています。

  • 10万円以上寄附していただいた方については、実物の芳名板を設置します。
  • (設置場所、設置時期は、別途お知らせいたします。)

寄附の方法

「鞆・一口町方衆」応援プロジェクトへのご寄附は
次の2通りの方法からお選びいただけます。

電子申請によるご寄附お手続き方法

ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」の広島県申込フォームから手続きをしてください。各種電子決済方法での納付ができます。( ※ 寄附は五千円以上から)

申込書送付によるお手続き方法

下記のリンクより寄附申出書をダウンロードのうえ、必要事項を記入して「郵便」「FAX」「メールフォーム」のいずれかでお申込みください。広島県から振込取扱票又は納付書をお送りしますので、届きましたら各種金融機関でお手続きをお願いいたします。
寄附申込書ダウンロード
(PDF)
寄附申込書ダウンロード
(Excel)
寄付申込書送付方法

①メールフォーム

②FAX

FAX番号: 082-224-1977

③寄付申込書送付先

〒730-8511
広島県広島市中区基町10-52
広島県地域政策局地域力創造課 宛

ふるさと納税負担

実質負担2千円でのご支援について

皆様からのご寄附は,広島県への「ふるさと納税」として,控除上限額内であれば,実質負担2千円でご支援いただけます。

ふるさと納税による住民税・所得税の優遇措置について

ふるさと納税で自治体に寄附し,寄附金控除の手続を行えば,「寄附した金額-2千円」が翌年度の住民税等から控除されるため,実質負担が2千円となります。

皆様からのご寄附は,広島県への「ふるさと納税」として,控除上限額内であれば,実質負担2千円でご支援いただけます。

ふるさと納税で自治体に寄附し,寄附金控除の手続を行えば,「寄附した金額-2千円」が翌年度の住民税等から控除されるため,実質負担が2千円となります。

なお,控除には限度額があり,家族構成や収入などで異なります。
ご自身の控除上限額の目安は,総務省のサイトや下記サイトなどでご確認ください。

また,ワンストップ特例制度の詳細については,総務省のサイトや下記サイトなどでご確認ください。

解説

ふるさと納税による優遇措置

自己負担額の2,000円を除いた全額が住民税等から控除される限度額である「ふるさと納税枠」が、平成27年以降、約2倍に拡充されました。
皆様からのご寄附は、広島県への「ふるさと納税」として、住民税等の寄附金控除が受けられます。
ふるさと納税のしくみについては,総務省のサイトをご覧ください。

ケース別の具体事例(イメージ)

※扶養家族が配偶者のみの給与所得者の方の場合

応援パートナー制度
(企業)

「鞆・一口町方衆」応援パートナー

「鞆・一口町方衆」応援プロジェクトに賛同いただき、ご寄附に加え、プロジェクトに対する継続的な協力をしていただける企業を「『鞆・一口町方衆』応援パートナー」として登録させていただきます。

「鞆・一口町方衆」
応援パートナー制度について