今昔の歴史と文化 暮らしが織りなす、国内随一の近世港町「鞆の浦」

雁木発掘調査報告会・記念講演会を開催します

2019.10.17

「鞆・一口町方衆」応援プロジェクトの連動企画として、雁木発掘調査の概要報告と、鞆の歴史と魅力について理解を深めていただく講演会を開催します。是非、お越しください。

【日時】 11月9日()

【会場】 福山市鞆公民館(福山市鞆町鞆423-1

【プログラム】

<第一部>雁木発掘調査報告会

時間:11:0012:00

場所:1階大会議室(定員70)

問合せ先: (公財)広島県教育事業団 埋蔵文化財調査室  Tel(082)295-5751

<第二部>記念講演会 「見どころと魅力いっぱいの鞆の浦」

講師:三浦正幸 先生(広島大学名誉教授)

時間:13:3015:30

場所:2階ホール(定員200)

問合せ先: 広島県 地域政策局 地域力創造課 市町支援・連携グループ 

Tel(082)513-2614

※事前の申し込み等は必要ありません。先着順で、定員に達し次第、締め切らせていただきます。

※公民館の駐車場(有料)の駐車台数は限られています。出来るだけ公共交通機関を利用するか、鍛冶駐車場など近くの有料駐車場をご利用ください。

講師:三浦正幸 先生
(広島大学名誉教授)

1999年広島大学文学部教授。
2018年定年退職。

鞆の浦・竹原などの伝統的建造物群の調査を担当。
上田城・名古屋城・岡山城・福山城・原爆ドームなど数多くの国史跡の整備委員会委員などを兼任。